nodenvでNodeを自動インストールできるプラグイン

nodenvは.node-versionファイルに指定したバージョンを記述しておけば、Nodeを自動的に切り替えてくれるので非常に便利です。

ですが指定されたバージョンが未インストールの場合にパッケージのインストールを行うと以下のような警告が表示されます。

$ npm i
nodenv: version `16.14.1' is not installed (set by .node-version)

普段ならここでnodenv install 16.14.1を実行してNodeをインストールしますが、この作業を簡略化できるプラグインがmanlao/nodenv-auto-install です。

このプラグインを入れるとnpm iの時点で自動的にNodeをインストールしてくれるようになります。

目次

プラグインのインストール

プラグインのインストールは2通りあるので環境に合わせた方法を選択してください。殆どの場合Gitの方法で大丈夫だと思います。

Git

git clone https://github.com/manlao/nodenv-auto-install.git $(nodenv root)/plugins/nodenv-auto-install

Homebrew

brew install manlao/tap/nodenv-auto-install

プラグインを入れてからnpm iを実行すると、パッケージのインストール前に指定バージョンのNodeがダウンロードされるようになります。

$ npm i
Downloading node-v16.14.1-linux-x64.tar.gz...
-> https://nodejs.org/dist/v16.14.1/node-v16.14.1-linux-x64.tar.gz
...

少しだけ手間が省けるので入れておいて損はないプラグインです。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次