マグネットUSB-C変換アダプタは便利だけど人を選ぶ

当ページのリンクには広告が含まれています。

マグネットUSBケーブルは前々から気になっていましたが、ケーブルを買い直すのはどうかなー…と悩んでいたら『マグネットUSB-C変換アダプタ』という、手持ちのUSB-Cケーブルをマグネット式に変換できるアダプタが販売してあったので購入してみました。

実際にスマホに取り付けて感じたのは、この製品は『好みが分かれる』ということでした。

目次

製品について

このマグネットUSBケーブル(アダプタ)のメリットとデメリットは色々言われていて、ざっと言うと、メリットは『簡単に着脱できる(暗い場所でも)』『本体のUSB端子が傷みにくい』などです。

実際に使ってみるとレビュー通り着脱が楽になり、MacのMagSafeコネクタを思い出させてくれました。

他のメリットとして『マグネット端子だけ購入すればケーブルは1本で済む』という話もありますが、これはデメリットもあり、マグネット端子の規格が統一されていないので同じ製品(端子)で揃える必要があります。

そして重大なデメリットが『ショートの危険性がある』ということです。これは磁石の性質からくるもので、当然金属がくっつくからです。この問題を少しでも対処するために、端子に凹凸を作ったりしているようです。

この製品は凸凹がハッキリした構造になっています。購入前にレビューを見ていると、凸部分が折れたり、金属がめくれたりしているものがありました。強度は弱そうなので着脱は丁寧にする必要があると思えました。

こんな感じで何かしら問題を抱えていそうなコネクタですが、とりあえずスマホに付けてみました。

スマホに付けてみる

磁力は少し強めで200gのスマホは逆さ吊りにできました。コネクタを斜めにすれば簡単に外すことができますが、水平方向だと結構力を入れないと外せないです。次はコネクタを外した状態です。

どうでしょうか、この端子の出っ張り具合…。

個人的にこれは見た目を損ねつつ、スマホを手に持った際に高確率で指に当たってしまい微妙でした。ついでにスタンドに縦置きするのが少し難しくなります。スマホケースでこれを隠せれば有りだと思いましたが、そんなケースはなさそうですし…。

悩みに悩んで結局、外出用のスマホでの利用は諦めることにしました。

おわりに

というわけで、この製品は便利だけど人や使う場所を選ぶと思いました。悪い製品ではないです。

この製品は凹凸があって安全な部類に入ると思いますが、細い金属があればくっついてショートする可能性はありますし、バッグの中に入れて持ち運ぶときは少なからず気を付ける必要があると思います。どこまで神経質になるかは人それぞれですが、無視できない問題だと思います。

こんな感じで少し神経質な私は、安全のために自宅で使用している機器のみで使うことになりました。購入前からたぶんこうなるとは思っていました…。

また、変換アダプタではありませんが、端子がスッキリしていて故障しなさそうなケーブルも一緒に購入してみました。安全性は微妙かもしれません。

どうでしょうか?端子が少し小さいため磁力は弱いですが理想的な端子だと思えました。今のところAliExpressでしか見当たらず、この端子になっている変換アダプタは存在しませんでした。

有名どころで似た製品だとCIO マグネットケーブルシリーズ(公式サイト)だと思います。

長くなりましたが、マグネットUSBケーブルや変換アダプタを購入際は、使用用途を決めてから購入した方が良いと思います。(結構費用がかかります…)

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次